Graffer®法人登記申請はウェブからカンタンに申請書類を作成でき、
その先の登記完了まで支援するサービスです。

現在、サービス提供開始の時期については未定となっております。

Graffer法人登記申請の特徴

シンプルで早い

迷わずカンタンに最短10分で。

「Graffer法人登記申請」は、いくつかの質問に答え、ガイドに従って必要事項を入力していくだけで、登記申請に必要な書類を作成できます。
手書きでの書類作成や、何度も同じ項目を記入するような非効率を省き、書類を作ることができます。

準備がウェブで完結

移動中やオフィスで準備ができる。

必要書類の洗い出しから書類の生成まで、法務省に適法性確認を行った仕組みを使ってウェブ上で完結します。
作成した申請書類は印刷され、申請の手順をまとめたマニュアルとともにお手元に届きます。
修正や印刷を繰り返さず、スムーズに申請まで行えます。

書類作成の流れ

本店移転を例に、書類作成の流れは下記のようになります。

1

2、3問の質問に回答して必要書類を確認

はじめにお客様の会社を検索してください。

会社選択

次に移転先の住所を入力してください。

※画面に従って入力していただくと法務局に申請可能な形式に自動で変換されます。

移転先住所入力

YES, NOの二択の質問に回答してください。

定款 取締役会の設置有無

診断結果から必要書類を確認いただけます。

診断結果

2

書類生成に必要な情報を入力

まずは申請書の情報から入力してください。

申請書入力

その他の入力項目は必要な書類によって異なります。

画面に従って入力を進めていただくと書類の作成準備をカンタンに完了させることができます。

会社の登記手続きにかかるコストを知っていますか?

会社の設立や引越し、商号や役員の変更など会社を運営するにあたって登記手続きは避けて通ることができません。

登記手続きは誰でも 法務局のホームページ を見て行うことができます。

しかし、法務局のホームページなどには書かれていない、数多くの慣習や要点が存在し、受理される書類を作成するまでに下調べ、作成、提出、差戻しを繰り返し行う経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。

実際に、弊社で本店移転登記を行ったところ、必要書類の調査、書類の作成、法務局に出かけるための移動時間など合計20時間のコストがかかりました。 人件費で考えると数万円から数十万円のコストがかかったことになります。

「Graffer法人登記申請」は、この数万円に及ぶコストを大幅に削減します。